IMITATIO-XP.COM

これは一人のマイノリティーが書いた自分自身とこの国の救いなき来世についてのレポートである。W.ジェイムスは労作「宗教的経験の諸相」で“超感覚者は無敵である”と言ったが果たしてそうだろうか。この時代、むしろ私は“常感覚者は巨象である。我々はその足に踏み潰されないよう必死に逃れる蟻のようなものだ”と思う。しかし今、孤立の怖れを捨てて私はこう叫ばねばならない。

“人々よ、長い眠りから目覚めよ。無知の麻薬の快楽に耽るな。そしてこの警告を受け入れる人々に神の恵みあれ。”

オーバーフロー(2)

 審きの日は神の予定によって予め決められており、カットオフデートが到着すると神は一人一人を篩にかけ、各自の信仰と行いによって救済されるべき者と滅ぼされるべき者とを分別するのだろうか。ペテロの第二の手紙は「最後の審判」について書かれているとされる。審判の日のことをペテロは「主の日は盗人のように襲って来る。その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう(3:1)」と表現している。この文章で「最後の審判」の背後には神の怒りがあることを誰しも感じるだろう。私も審判の日とはそのようなものだと思う。この手紙はその日がいつか突然来ることを警告していて、神への畏れを忘れた者には怒りが下ることへの忠告の文書と受け止められている。ではペテロとは高みに立って人々を導く予言者的な賢者なのか。結果論的に言っていることなのだが、この手紙はペテロがユダヤの地を離れるに当たって、キリスト教的用語を用いて普遍的真理を語るごとく装いつつむしろ実は「余りやりすぎて神を本気で怒らせると元も子もなくなるから気を付けよ」と言い残した仲間たちへの忠告だったに違いないと気付いて謎が解けた。内に秘めた彼の老練でしたたかな二重性は並みの人間に出来ることではない。手紙の最後のアァメンは同胞への符牒であろう。

 シモン・ペテロはケファと呼ばれていた。アラム語でケファとは岩のことでそれが転じてペテロになったということだが、私の僅かなギリシャ語の知識によれば頭のことをケファリと言う。イエスはペテロを使徒たちの頭(かしら)の地位に置いたのではないだろうか。あるいはイエスはペテロを信用してサタンの生まれ変わりと考えていたのかも知れない(マタイによる福音書16:23)。しかしペテロにはいくつかすっきりしない謎があった。イエスが官憲に捕縛された時ペテロが三度「イエスなんか知らない」と言ったという「ペテロの否認」はイエスが予見していた。これはペテロの人間的な弱さを示す新約聖書上のエピソードとしてキリスト教徒に同情的に受け止められ、イエスもこのことによって使徒ペテロに疑いの念を抱いたようには書かれていない。しかし「ペテロの否認」は彼が官憲に誰何された時「俺は弟子のふりをしてうまうまとイエスの信用を得ているが、実は祭司と通じている根っからのユダヤ教徒だ。だから俺を見逃せ。イエスが十字架に架かろうがどうしようが俺の知ったことじゃない」と三回釈明したというのが真実ではないだろうか。

 「サタンは悪魔ではない」という新約聖書の見解はユダヤ教の教理を覆すためにイエスが使徒たちに諭した新しい指導方針の重要な柱ではなかったか。使徒行伝5:3でペテロはアナニヤを「お前は心をサタンに奪われた」と責めている。もはやイエスなき今「俺はサタンではないし我々にとってサタンは悪魔だ」というペテロの立場が背後にありそうである。アナニヤはイエスの教えを受け入れ、自分の土地を処分して得た金のうち幾ばくかを使徒たちにも寄進した。このことを「アナニヤはサタンに心を奪われた」と言ったのであって、ペテロとしてはアナニヤが全額をユダヤ教に寄進すべきだったと思っていた。その結果アナニヤも妻サッピラも命を奪われる。献金を分けただけのことで神が二人にそんなむごい罰を与えるとは考えられず、悪魔が裏切りを罰したと考えるなら納得できる。マラキ書が献金について指示した通りである。

 もう一つは彼のコシェルへの固執である。使徒行伝10:12~14でペテロは地上の四つ足や這うもの、空の鳥など、各種の生きものが入っている大きな袋の夢を見て「これを食べよ」と言われた。それに対しペテロは「主よ、それはできません。わたしは今までに清くないもの汚れたものは何一つ食べたことがありません」と三度拒否した。爆弾発言(1)に書いたことだが、私も夢で「肉を食べよ」と言われた。私はその時点まで自分の判断で極力肉は食べないようにしていたし、ブログもその趣旨で綴っていた。ところが霊界で私をアプラクサスと呼ぶ者がいて、私は自分がシンボリックな立場にいるのだと理解した。だから私が極力肉を食べないなら肉食の一般的な許容基準(デファクトスタンダード)が下がり、それでは審きで肉を食べる多くの人を不利な立場に立たせるのではないかと思った。それで肉へのこだわりを捨てた。肉をまた食べ始めたからと言ってお前だけの個人的な問題で「何も爆弾発言ではないじゃないか」との非難も聞こえたが。
 前項でヤマトが兎の国と呼ばれ、何故そう呼ばれるかの理由を書いた。当時日本に羊はいなかった。マタイ福音書(15:24)に「私はイスラエルの家の失われた(希望を失くした)羊以外の者には遣わされていない」というイエスの言葉がある。これはイスラエルではヘブライ人が羊のように強制的に子を産まされて赤子を奪われ、悪魔または犬の生贄として要求されることを意味していた。イエスの救済の主眼は貶(おとし)められたヘブライ人にあったと見て間違いないであろう。ユダヤ教のシンボルは天使ケルビム、つまり地獄の番犬ケルベロスであった。続く15:26「子供たちのパンを取って小犬に投げてやるのはよろしくない」、前の7:6「聖なるものを犬にやるな」も彼らが犬族でありイエスの救済の対象ではなかったことを示している。ただし良い信仰を持つ者にはその子供に救済が及ぶと言っている。全体的に見れば一般にユダヤ人と呼ばれるイスラエル国民の中にも二つの系統―加害者と被害者―があったことになる。ナタリーさんもクリスチャンになって当然なのですよ。

 これまでの文脈からもしイエスが生きていたらペテロのローマへの布教には反対したに違いない。イタリア半島はもとエトルリア人のものであったがローマに乗っ取られた。ローマの建国神話には狼が登場する。犬と狼は兄弟のようなものでありペテロには両者を結託させる意図があった。背後にYHWHがいた。ペテロがローマで死んだことは間違いないが殉教の伝説なぞ怪しいものである。一度は懐かしいガリラヤ湖畔を思い出し帰国する気になったが「クオ・ヴァディス」と呼びかけられて戻ったという伝説も作り話ではないか。ペテロにはこの世とあの世は関連しているという確固とした信念があった。2000年間のバチカンのポリシー、つまり旧約聖書の正典化、反グノーシス、異端裁判と異端者火刑、公会議と信条、栄唱の歪曲、悪魔サタン、「イエスの父なる神」は「全能神」即ち「ヤハウエ」、アァメンの祈り等々---ローマによるキリスト教のあらゆる捏造とすり替えに間違いなくペテロが主役として関わっていた。結局エトルリア人もローマの羊になった。
 ブログを書き始めてからペテロが2回来た。彼のゆっくりした聞き取りやすい話し方は親近感を感じさせるものだった。私は映画クオ・ヴァディスで見た逆さ十字の磔刑を思い出し「殉教者ペテロが来てくれるとは大変なことだ」と思っていた。ところが裏では彼は私のことを悪しざまに「革命なんてとっくに終わっている」「彼は気違いと言われている」「きれいごとを言っているが便所紙と同じで用が済んだら便所に捨てられる」と全く逆のことを触れ回っていたのだった。決定的なのはあちこちに「ガバメントなんか作るな」と指図していたことである。そして事態は自分が予言したようになった。彼こそはアンチキリストその人だった。本性が露見した彼は制裁を受けた。

 ⑬神の目の小さな塵(上)のモート星への出発セレモニーの場面で枢機卿が乗員に聖水を振りかけながら祈りを奉げる。その祈り「主よ我を清めたまえ。われ潔くならん。われ雪よりも白くならん。初めのように、今も何時も世々に」こそ栄唱の原型であり、受け継がれるべき尊い祈りではないだろうか。我々は初め潔い身体を与えられるが永い間の欲望や軽率な背理によりいつしか霊的な身体が汚れる。そのことを念頭にして清めの式を持つことは正しいと思う。また⑭(下)でハーディ神父が戦死者への鎮魂ミサで黙示録からの「我天声を聞きぬ。書き記せ、今より後主にありて死する者は幸いなり、御霊もまた言えり、彼らはその労苦を解かれて安らぐことを得ん」を唱える。これはいつか来る希望の未来を描く言葉ではあるが、そこに至るまでにはまだまだ数々の難関が立ちはだかっている。何よりもまずクリスチャンのドラスチックな意識改革が必要であろう。世界は嘘に充ち、どの教会も認識が甘く、モート人は邪悪な利益をむさぼっている。世界に及ぶモートの蔓延を知れば慄然としない者はいないだろう。