IMITATIO-XP.COM

これは一人のマイノリティーが書いた自分自身とこの国の救いなき来世についてのレポートである。W.ジェイムスは労作「宗教的経験の諸相」で“超感覚者は無敵である”と言ったが果たしてそうだろうか。この時代、むしろ私は“常感覚者は巨象である。我々はその足に踏み潰されないよう必死に逃れる蟻のようなものだ”と思う。しかし今、孤立の怖れを捨てて私はこう叫ばねばならない。

“人々よ、長い眠りから目覚めよ。無知の麻薬の快楽に耽るな。そしてこの警告を受け入れる人々に神の恵みあれ。”

QUO VADIS

「東大生 婦女暴行」で検索すると東大・慶応・早稲田などの一流大学生による女性に対する悪質なハラスメント記事が見つかります。彼らの中に“エリート意識の強い、自分は何をしても許されると考える差別的で冷酷な性格”を見出すという指摘に私も同感します。千葉大医学生による同様の事件も寒々しい。「若い頃は本音を言えばお前だってやりたいと思っただろう」と反問されれば全く否定することはできないが、内なる欲望をその通り実行するかしないかの差は大きいでしょう。名古屋大学の女学生が興味本位で犯した殺人事件も尋常ではなく、これには「そんな気は全くない」と答えても嘘ではありません。こうした犯罪は大学が悪いのではなく、人間にはもって生まれた特質があるのではないでしょうか。
 これらの事件のニュースを聞いた時、高校の卒業式で校長が「この頃は頭のいい馬鹿者が増えた。君たちは決してそんな馬鹿者になるな」と苦々しい顔で訓辞したのを思い出しました。校長は彼自身東大出身で、学生時代にそう思わせる例を見聞したのでしょうか。人間には誰にも本人そっくりの随伴霊がいますが、権威者が東大生の随伴霊に「被(かぶ)りものを取れ」と命じると様々な動物の顔が現れるらしい。ジャーナリストのMH氏は三大新聞の一紙の論説委員を務め論客としても評判が高く、生前に書いた文明批評や作品をまとめた分厚い全集がありますが、死んで自分が猿だったことを知って愕然としたといいます。鳥羽僧正は鳥獣戯画で人間を猿・兎・蛙に三分した漫画を描きました。
 このブログの冒頭に、ヨハネ黙示録7章“すべてのイスラエル人のうち十四万四千人が額に私たちの「神の僕」である印を付された「人の子」である”を引用しましたが、当時のイスラエルの全人口はどの位だったのでしょうか。100200万として仮に150万人だったとすれば残りの135万人は動物たち(即ち犬の子・牛の子・羊の子・豚の子・猿の子等々)だったことになります。とは言え犬族を例に取れば人間にフレンドリーなレトリバーや小型犬から獰猛なドーベルマンや狼まで個々の性格は様々です。
ある少年が来て「我々は人間のように民族間で戦争しない。知力でも人間を凌駕することを証明した。これまですべての災いの元凶は人間であると考えて人間に責任を取らせた。しかし今度の革命では我々は許されなかった。中には目玉をえぐられた者もいる」と悲しい声で訴えました。人間の子供と少しも変わらないその愛らしいが沈んだ声の主を私は犬の子と推定しました。和犬の中には柴犬のように子供の頃特に可愛い犬がいます。彼の「ローマはやり過ぎだった」と言う言葉には仲間意識が感じられました。何故ローマが彼の仲間か。それが岩波文庫のQUO VADISを読んでこれから書こうとすることですが、その前に若干追加します。
 インドから来て600年間この国に滞在し、私の仲間にも加入して務めを終え、これから母国のバングラデシュに帰るつもりになったある少年が私のブログで一番重要なことは退化だと言っていました。自業自得は霊的身体に避けようもなく現れます。死後自分の姿が無惨に劣化していたり、或いは下級動物に変形しているのを発見して、驚き嘆く霊たちを多数見て来たのでしょう。デジデリウムに違反することだけでなく、酒も良くないしゴチなぞ決して真似してはいけない
(イスラムが戒律としてアルコールと豚肉を禁じているのは本人のためで理に叶っています)聖者の位を追贈された者でさえ、劣化が原因で実際には神には迎えられず止む無く悪の側に付いた例もあるのです。キリスト教はこうした数多のrenegadeを生み出しその原因は退化だけでなく、生前著作で高名を得ても実は悪を喜ばせるだけの謬説だったり、本人は善意でしたことが神の意向とは違背していた者も悪の側に取り込まれます。後人は生前の評判だけを信じてこれらのrenegadeを尊崇するととんでもない事になります。このような人の死後の運命の不可知が信仰上の矛盾を産むだけでなく、聖書の難解さも理解不足と錯覚を齎し悔いを残しました。キリスト教の中でもブルガリアの正教だけは人間の動物への生まれ変わりを知っていたが口止めされていたそうです。

 「クオ・バディス」は何と言っても皇帝ネロ治世下という時代背景の特殊性を抜きには語れません。作者シェンケビッチ(1846-1916)はネロの妻ポッパエアの言葉を借りて夫を“朗詠者や戦車の御者や詩人としての彼の虚栄心にかかわることに逆らうことは危険な”狂王と描写しています(上巻p125)。“神にも比すべき詩人かつ朗詠者であられる陛下が今回あらたに作られたウェヌスの賛歌にくらべればかのルクレテゥスの賛歌のごときは当歳子のオオカミの泣き声のようなものである(上巻p124)”とは裏を返せばいみじくもネロの新作は“逞しく偉大な狼王の力強く響きわたる吠え声の如し”を意味することになりますが、作者は自覚していたのでしょうか。ネロには政敵を毒殺し、母と前妻を謀殺した過去があります。トロイア炎上をローマで再現して、その舞台で自分が先祖プリアモスに語りかける朗詠者を演じるという自己陶酔を単なる夢想に留まらず実現し、ローマに大火を引き起こします。民衆を欺くため虚偽の風説を流してその責任をキリスト教徒に取らせ、民衆はそれを信じた訳ではないがキリスト教徒が犠牲になる希代の見世物に歓喜します。ローマはキリスト教徒にとって悲劇の舞台となり、この時期ペテロは小アジアに逃亡していた信者に手紙を書いたのでしょう。悪魔がほえたける獅子のように食いつくすべきものを求めて歩き回っている”とはその時現実にコロッセウムで起こっていた事でした。
 映画ではロバート・テイラーが演じた主人公のウィニキウスは軍人で、宴会で酒に酔った宮廷の女たちの誰もが秋波を送る美男子ですが、そのうちの誰か気の合った美女と一時の悦楽を楽しんだりする気はありません。ウィニキウスが一目ぼれしたリギアは小国からの人質で、恰も“パンのみではなく神の口から出た言葉を糧として食べ咀嚼し身を養っている”が如きキリスト教徒です。若い女である限りウィニキウスへの恋心が密かに芽生えますがそれは信徒であることの二の次です。今日リギアを見つけることは不可能に近いでしょう。
 リギアの従者ウルススこそこの物語のキーマンではないでしょうか。もし彼が武装してアリーナに立てば栄冠を勝ち得て賞金も美女も豪邸も最高の料理も欲しい侭に手に入ること必定ですが、全くそんな気はありません。彼が巨大な雄牛と戦って得た勝利が観客の大喝采を浴び、雄牛に括りつけられていたリギアの解放に成功します。ペテロの説教(上巻p125)にある「贅沢と快楽を捨て、貧困と純潔な生活と真理を愛せよ。忍耐強く不正と迫害に耐えよ。長上と権威に服従せよ。裏切りと阿諛(へつらい)と誹謗をつつしめ。最後に、互いの間は勿論異教徒にも模範を示せ」を実践しているのがウルススです。ウルススとは鍛冶の神ウルカヌスの暗喩だという声があります。キリスト教が弱者のルサンチマンではない好例です。
 ウィニキウスの叔父として物語の軸になるのが実在の人物ペトロニウスで、文学作品サチュリコンの作者です。宮廷ではネロがそのパフォーマンスの出来不出来を気にしてペトロニウスの賛辞を期待しますが、ペトロニウスはけなすが如くに批評しながら結局は言葉巧みに称賛する高等複雑な話術を使います。しかし彼はこの宮廷でこの皇帝に仕えることの無意味さを次第に募らせ、せめて甥ウィニキウスのリギアへの愛を実らせてやりたいというのが唯一の望みです。中巻の終わり位から皇帝の歓心はイエスマンである政敵のティゲリヌスへ傾き、ペトロニウスは死を覚悟します。下巻最終章でウィニキウスとリギアの幸せを見届けた上でペトロニウスは医師に命じて静脈を開き自死するのですが、彼を愛し仕えてくれた恩として密かに全財産を遺贈すべく手配していた女解放奴隷のエウニケも同じ方法で彼の後を追います。彼は結局キリスト教には靡かなかったし、作者は自死を異教の美学として半ば肯定・半ば否定しているのかも知れませんが、私が最も感動し泣けたのはこのパートでした。たとえキリスト教徒でも自殺が必ずしも罪ではなくなる場合はあるのではないでしょうか。
 遠藤周作の「沈黙」に出て来るキチジローを彷彿とさせるのがギリシャ人キロン・キロニデスですがはるかに質(タチ)が悪く厄介です。生かじりの知識を活用して議論で相手をへこませ、地位のある人物に巧妙に取り入って利益を挙げます。偽キリスト教徒としてキリスト教信者の中にも紛れ込みます。ウィニキウスに嫌われ体罰を受けたことを根に持ち、その報復としてリギアの不幸を願い、キリスト教徒の隠れ家を官憲に密告します。作者はキロンを猿か狐のような風貌の持ち主と書いていますがその根性もまた然り。ギリシャ人とローマ人には気質の違いがあることにも触れ、キロンはキリスト教徒が惨殺される見世物に気を失ってまわりの観客の失笑を買いますが、流石に自分のしたことを後悔します。
 作者はパウロをキリスト教を世界に広めることになる偉大な人物だと見做しています。またイエスがエホバの子であるとの誤った説を引用しています。パウロは消沈したキロンに対し、キリストの愛は偉大でたとえ大罪を犯しても悔い改めれば許されると諭し、キロンは本気で信徒になる決心をしてパウロの洗礼を受けます。然しこれは甘すぎると言わざるを得ない。取り返しのつかぬ罪というものがあります。また霊界は愛などと言う、ともすればロマンチックでセンチメンタルな意味に理解されやすい感情の入る余地のない、勝つか負けるかの世界と言っても過言ではありません。キリスト教徒のふりをしていたキロンの裏切りにより隠れ家から連れていかれた何千人もの信者が、牛の角に刺し殺され、空腹な犬やライオンに食われ、剣闘士と戦わされて殺されたのは神にとって余りにも悲痛で許せないことだったとしか思えません。ローマへの伝教は危険だとイエスが恐れた通りになったのでした。
 一体ネロの、またローマ人のこの嗜虐性はどこから来るのかと考えた時、ロムルスとレムスの伝説に行き当たります。個々にはそれ程体躯は大きくないが規律と集団戦闘能力に優れたローマ兵の強さの由来は彼らがウルフパックだったからと考えると納得が行きます。ただし歴史が示す通りローマ人はただの野獣集団だったのではなく、土木や建築や彫刻で優れた才能を示したし、ローマ法体系と呼ばれる先例的な統治形態を築いたのでした。
ローマ人の中でもペトロニウスには少し違った性分が見受けられますが、それは彼がエトルリア人の性質を受け継いでいたからではないでしょうか。イタリア半島はローマ人に圧倒されるまで海洋民族エトルリア人の住む土地でした。

 私がこの長い物語を読んでみようと思ったのは、ペテロにクオ・バディスと呼びかけたのが本物のイエスだったのかと疑問に思ったからでした。ペテロは神の意図を疑い「主よ!主よ!あなたはこの世の支配権をなんという人物におあたえになったのです。いったいなぜこのような町にあなたの都を建てようとなさるのです」と心の中で叫びます(下巻P123)。ペテロの疑いは本当は正しかったのです。信徒たちはペテロに対し「私たちの覚悟は決まっているが貴方は主を知る貴重な人物だ。危険なローマから脱出して安全な所で残る余生を伝道に当たってくれ」と懇願し、ペテロも懐かしいガリラヤ湖の畔を思い出してその気になります。イエスも自分が生き延びる方を望むに違いないと思ったでしょう。
そしてローマに背を向けて従者の少年とアッピア街道に差し掛かった時明るいものが近付いてきて「クオ・バディス・ドミネ」と呼びかけ「おまえがローマを捨てるなら、わたしはもう一度ローマに行って十字架にかかろう」と言います。ペテロは「クオ・バディス・ドミネ」と言う言葉がイエスの死の直前に交わしたイエスと自分の二人だけが知っている筈の言葉であることを思い出し、光をイエスだと誤認します。
 然しこれは罠でした。悪は人間の言動を何もかも知っているのです。それだけでなく、心理状態を操って昨日まで自分が最も良い方法だと思っていたことを当日になって迷ったり、延期した方が良いと思わせることさえ出来ます。知らない人は「それはお前の勝手な想像だ」と思うかもしれませんが事実です。ペテロは死んでから光の主が誰だったかを知ったでしょう。イエスの「偽キリストに気を付けよ」という警告に従うべきでした。デジデリウムの「行き方の判断は自分自身でせよ」は大切です。結果的にペテロはローマで処刑されて葬られ、イエスの「おまえはペテロである。そしてわたしはこの岩の上にわたしの教会を建てよう」がローマで実現することになった。これは大きな計算違いでした。悪の予想以上の恐ろしさを知らねばなりません。

 すべては2000年以上前の過去の出来事で一連のことの結果は出ています。アヌビスとケルベロスが支配するローマでペテロの魂は救出されたでしょうか。さすがにペテロが救われなければキリスト教は成り立たなかったでしょう。パウロは神に迎えられたか。そうは思えません。キロンは狐や猿はおろか、ネズミか毒虫になったでしょう。またポッパエアの霊体は醜く崩れていたでしょう(蟇蛙が正解か)。ネロは鉄くずになったとの噂があります。まれに生命体ではなく物質化する例もあるようです。
そして、名目的にせよローマにあったキリスト教の本部は今度の革命でベルリンに移されました。

(付記)
1.
コロッセウムで初期キリスト教徒が殺されたのと同じように、ローマがキリスト教化して後カトリックは異端・異教に対して牙を剝き、カタリ派を捕縛して火刑にしワルド派を串刺しにします(‘ピエモンテの虐殺’で検索するとその画像が出ます)。十字軍は逸脱し、人肉を食ったという記録さえあります。丁度カリギュラやネロが皇帝に選ばれたように、ペテロの説教から余りにかけ離れた教皇が何人も誕生します。一例がボニファティウス8世(在位1294-1303)で、Wikipediaによれば彼は
聖職にある身としてはめずらしいほどの現実主義者であり、また「最後の審判」は存在しないと信じていた。敬虔な人から悩みを打ち明けられても「イエス・キリストはわれらと同じただの人間である。自分の身さえ救うことのできなかった男が他人のために何をしてくれようか」と公言してはばからなかったともいわれている。何ごとによらず華美を好み美食家で宝石でかざったきらびやかな衣服を身にまとい、金や銀などの宝飾品を常に着用していた。賭博も好み教皇庁はまるでカジノのようであったという。性的には精力絶倫であやしげな男女が毎晩のように教皇の寝所に出入りしたともいわれている。政治的に対立したフィレンツェのダンテからは『神曲』のなかで「地獄に堕ちた教皇」として魔王のルシフェルよりも不吉な影をもって描かれた”
という、まるで悪魔そのもののような人物でした。
悪魔のような人間は私も経験しています。一時一緒に働いたことのあるその男は中々仕事は出来る男でしたが異常にカッとなって怒鳴る性格で、彼の付随霊は人肉を食いたがったそうです。システムを切り替える初期の会議で「後続システムとの整合性を考えなければならない」という意見が出て、当然それは別途考慮してマンパワーを割り振らなければならないのですが、会議後彼が「後のシステムなんか知っちゃいない」と言っているのが聞こえ唖然としたものです。

2.
マタイ15章および16章にある、イエスと使徒が群衆にパンと魚を与えたことがミサの始まりと言われます。パンとは「神の口から出る言葉」を意味し、「かごに残ったパンが増えた」とは神の言葉が無駄にならずそれによって悔い改め清められた信者が増えたことの意味と解釈されます。ここで女は計算から除かれており、ポステルは女は救いから取り残されていると言いました。ですからリギアのように神の口から出た言葉を糧として吸収する女は貴重です。現在は天の国でも女性もずっと増えているそうです。
十字架は上下左右への道しるべです。退行や劣化についての警告ばかり強調しましたが、正しい信仰を選択し身をよく保つことによって逆にPromotionもあります。「28・デジデリウム」で引用した「聖灰の暗号」の中の“この貴重な機会をどうして無駄にできましょうか”はそのことを指すと思われます。
死後も生まれる前と変わり映えしないことを日本では「元の木阿弥」と言います。
この国の「人の子」はそれぞれ紛れて暮らしているのでしょうが、芸能界で男性では半分裸の余り面白くない芸人や、武芸を身につけてエリート意識の強い人、女性ではYokoさん、Michikoさん、Norikaさん等がそうらしい。この国の環境はキリスト教的ではなく彼・彼女らが目覚めてクリスチャンになる期待は薄いのが残念です。最近の記事でNorikaさんは驚くとオーマイゴッドとつぶやくそうで成る程と思いました。実はよく夢を見る私でも有名人が夢に出る事は余りないのですが、彼女は二度夢に現れました。私たちは話をし、彼女が「歴史に興味がある」と言っていたのは多分聖書のことを指すと推測します。彼女がテレビのCMか何か
に出たのを見た時夢のことを思い出していると「さっきも来ていた」と言われました。もちろん夢で見たのは分身の方で、華美な暮らしや美食や美装を求めると人間は霊体が汚れまたは退化するので、残念ながら彼女が戻れるのは「多分駄目だろう」と言っていたそうです。このブログを読んだ中で何方かNorikaさんと連絡を取れる方がいたら是非教会へ行くよう勧めてもらえませんか。美しさを自慢し厚化粧してタコ女になるのだけはやめて欲しいと分身は言っています。昔から言われるように食い物の恨みは恐ろしく肉は食べない方が良いし、麦のご飯を勧めます。有名な美女は彼ら(悪霊)の楽しみで次のターゲットはSayuriさんと言われています。

3.
このブログを読んで下さっている方々は男性では作家・冬の花を歌ったシンガーソングライター・大学生、女性では池田さん・八千草さん・兼高さん・今を時めくYKさん等々らしいですが本当でしょうか。苦労話をしますと、嘘に騙されないよう気を付けるのが大変です。ブログに好意的な方々ばかりではなく、法的手段を考えている団体もあるそうです。
池田さんはこのブログを読んで「これは自分自身の問題で我々は宗教をもっと真剣に考え直さなければならない」と思われたとか。「22・食」でボードレールの「悪魔の最も賢い所は悪魔なぞいないと思わせる所である」を紹介している通り、今日の学校教育では rat race にいかに勝ち抜くかだけを教え、悪魔の存在なぞ「馬鹿げた話」で「真面目に考えるのは変わり者」程度にしか扱いません。なるべく悪魔や死後の問題を考えさせない今の学校は「悪魔の学校」と呼ばれています。聖書の解明が遅れた理由として宗教学は文学部で提供され、我こそはと思う受験生が目指す難関をパスする最高レベルの頭脳は関心を持たないシステムになっているからだと言われています。西南学院を出た牧師でさえ悪魔の話を持ち出した時ニヤニヤ笑いをしたのには「一体何を教えているのか」と呆れました。